『にきびを治す3つのポイント』とは?

健康な肌のためにストレス対策をする ⇒ ストレスを無くす
正しいスキンケアをしないと大変なことに!? ⇒ 間違ったスキンケア
洗顔を極めて、スベスベ肌 ⇒ ニキビケアの基本は洗顔

飲み薬の効果

にきびの治療で皮膚科に行くときは、炎症をおこして
広がってきたり、化膿してしまってからが多いのでは
ないでしょうか。

 

にきびが炎症をおこして、1つや2つでなく、いくつも
ある場合は、炎症をおさえる抗生物質の飲み薬が処方されます。
にきびの原因にもなっているアクネ菌の増殖をおさえ、
細菌の働きを抑制する抗菌薬です。

 

抗菌薬には、さまざまな種類のものがあるので、皮膚科で
扱っているものの中から、症状にあった薬が処方されます。

 

薬を服用する期間は、症状と治る経過によって異なります。
化膿した赤にきび、膿にきびが多い時は、服用を続けます。
少なめの量を、数週間から数ヶ月続けることが多いようです。

 

1日2回服用していたものを1日1回に減らし、新しく
できるかどうか様子を見ながら服用を止める、というような
段階的に減らしながら服用する場合もあります。

 

抗菌薬は炎症をおこしたり、化膿したりしているにきびに
使用するものなので、白にきびや黒にきびなどのコメドに
対しては使用しません。

 

コメドは通常、外用レチノイドという塗り薬や漢方薬、
スキンケアなどで治療します。

 

また、赤にきびでもポツンと1つ2つあるだけで、
広がる様子もなければ、飲み薬は処方されず、塗り薬の
抗菌薬が処方される場合も多くあります。

 

他に、治療に使われる飲み薬には、ホルモンバランスの乱れを
整えるためのものがあります。

 

生理前になると必ず、にきびがひどくなるというような
ホルモンバランスの乱れが疑われる場合、整えるために
プレグナンジオールという飲み薬を処方します。

 

ホルモン治療を行うところでは、プレグナンジオールの他に
成人女性で、避妊につながることを了承してもらったうえで
経口避妊薬(低用量ピル)を用いることもあります。



 

 

簡単3ステップケアで、ニキビを元から治す!

満足度84%を獲得! 数多くのコスメ大賞を受賞したニキビケアの決定版!
これ1つで『あらう』『うるおす』『つつみこむ』まで。
今年人気急上昇中のトライアルキット。

  • @cosmeクチコミランキング第1位(2014年上半期)
  • All about 通販ベストコスメ 洗顔料大賞
  • All about 通販ベストコスメ 乳液第2位
  • MAQUIA オンライン会員部門賞 化粧水部門第2位

ルナメアAC