『にきびを治す3つのポイント』とは?

健康な肌のためにストレス対策をする ⇒ ストレスを無くす
正しいスキンケアをしないと大変なことに!? ⇒ 間違ったスキンケア
洗顔を極めて、スベスベ肌 ⇒ ニキビケアの基本は洗顔

治し方の違いを知っておこう

食事での治し方やにきび跡の治し方などは、ニキビケア
ところでお話ししているので、ここではクリニックによる
治し方の違いや、保険診療と自由診療の違いをお話し
したいと思います。

 

皮膚科で行うにきびの治療には、ガイドラインというものが
あります。
一般的には、コメドが中心の白や黒にきびには、
外用レチノイドの塗り薬、補助的にビタミン剤の服用や
漢方薬の飲み薬を用います。

 

炎症をおこしている、赤にきび、膿にきびには、症状の
重さによって、外用レチノイド、抗菌薬の塗り薬、
抗菌薬の飲み薬、補助的にビタミン剤、漢方薬を用います。

 

これらの治療は、保険診療(保険適用あり)で行えます。

 

保険診療というのは、その病気を治療するために健康保険の
適用が認められている方法です。

 

保険診療に対して、自由診療(保険適用外)があります。
自由診療は、病気の治療でも健康保険の適用が認められて
いない方法、あるいは病気の治療ではないもの、になります。
費用は、全額自己負担です。

 

にきび診療では、先ほどの一般的な治療方法は保険診療
受けられますが、より効果の期待できる薬剤や、
ビタミンC誘導体ローション、ピーリング用ローション、
レチノイン酸などは、自由診療になります。

 

一般診療を中心とした皮膚科では、にきびを悪化させる
アクネ菌に対する保険診療を行いますが、美容関連に
力をいれている皮膚科では、保険診療にプラスして
自由診療を行うことで、総合的に治療していきます。

 

また、美容皮膚科やにきび専門クリニックでは
レーザー治療やコラーゲン注射、ホルモン療法など
特別な方法で治療します。

 

それぞれのクリニックで、保険診療、自由診療を
合わせた、にきびの治し方の違いがあります。
自分のにきびの状態、治療方法、かかる費用、
ホームケア製品の費用など、調べてみてから
受診することをおすすめします。

 

皮膚科にかかっても治らない、というようなことを
治し方の違いを知ることで、少しでも防げればと思います。



 

 

簡単3ステップケアで、ニキビを元から治す!

満足度84%を獲得! 数多くのコスメ大賞を受賞したニキビケアの決定版!
これ1つで『あらう』『うるおす』『つつみこむ』まで。
今年人気急上昇中のトライアルキット。

  • @cosmeクチコミランキング第1位(2014年上半期)
  • All about 通販ベストコスメ 洗顔料大賞
  • All about 通販ベストコスメ 乳液第2位
  • MAQUIA オンライン会員部門賞 化粧水部門第2位

ルナメアAC