『にきびを治す3つのポイント』とは?

健康な肌のためにストレス対策をする ⇒ ストレスを無くす
正しいスキンケアをしないと大変なことに!? ⇒ 間違ったスキンケア
洗顔を極めて、スベスベ肌 ⇒ ニキビケアの基本は洗顔

肌に悪い食事

朝食は抜き、お昼はコンビニですませて、
夜は食べたいもの中心の外食、夜遅くお腹がすくと
お菓子を食べちゃう…。

 

忙しさにかまけて、ついおろそかになりがちな食事。
あなたにも、そんな時がありませんか?

 

 

栄養が偏ると…

この肌に悪い食事が続く、いい加減な食生活が
肌の健康を損ね、にきびの原因を作ってしまいます。

 

気をつけていないと、糖質(炭水化物)の取り過ぎ、
高脂肪食、野菜不足など偏った食事内容になりがちです。

 

また、おやつもガマンし過ぎるとストレスの元になりますが
食べ過ぎると脂質、糖質の取り過ぎになります。

 

このような偏った食事内容は、脂質や糖質の取り過ぎから
皮脂の分泌を過剰にし、ビタミン不足から皮膚の健康を崩し
にきびや肌荒れの原因となってしまうのです。

 

 

ビタミンの摂取を意識しよう

そこで、皮膚の健康やにきびの予防・改善のために、
ビタミン類を欠かさず摂ることが大切です。

 

ビタミンAが不足すると、新陳代謝がおとろえ
皮脂がつまりやすくなります。
また、活性酸素が増え皮脂が酸化して、炎症を
おこしやすくなります。

 

ビタミンB群が不足すると、皮脂の分泌や代謝の
コントロール機能が低下したり、免疫機能が正常に
保たれなくなり、皮膚の抵抗力が弱まります。

 

ビタミンCが不足すると、コラーゲン、エラスチンなど
皮膚の細胞生成が低下し、メラニンが増え
にきびあと、色素沈着が残りやすくなります。

 

ビタミンEは血流を良くして、新陳代謝を促す作用が
あります。
ビタミンA、Cとともに強い酸化抑制作用があるので
にきびの誘因となる皮脂の酸化を抑えます。

 

ついおろそかになりがちな食事ですが、
「食事に気を配り、不適切な食生活を改善する」ことが
にきびの原因を見直し、治療につながります。

 



 

 

簡単3ステップケアで、ニキビを元から治す!

満足度84%を獲得! 数多くのコスメ大賞を受賞したニキビケアの決定版!
これ1つで『あらう』『うるおす』『つつみこむ』まで。
今年人気急上昇中のトライアルキット。

  • @cosmeクチコミランキング第1位(2014年上半期)
  • All about 通販ベストコスメ 洗顔料大賞
  • All about 通販ベストコスメ 乳液第2位
  • MAQUIA オンライン会員部門賞 化粧水部門第2位

ルナメアAC