『にきびを治す3つのポイント』とは?

健康な肌のためにストレス対策をする ⇒ ストレスを無くす
正しいスキンケアをしないと大変なことに!? ⇒ 間違ったスキンケア
洗顔を極めて、スベスベ肌 ⇒ ニキビケアの基本は洗顔

食べ物で肌改善

ニキビケアには、肌に対しての外側からのケアだけでなく
食べ物による体の内面からのケアも必要です。

 

不適切な食事は、にきびの原因にもなるので、
にきび予防、改善のために、肌によい食べ物を
摂るようにしましょう。

 

緑黄色野菜に含まれるβカロチンは、体内でビタミンA
変わり、皮膚や粘膜の健康を保ち、新陳代謝を促す働きを
します。

 

また、皮脂が酸化するのを防ぐ作用もあるので、
活性酸素の害を抑え、にきびの炎症を防ぐ効果があります。

 

ビタミンAやβカロチンを摂るには、レバー、うなぎ、
かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、ニラ、小松菜などが
おすすめです。

 

老化防止ビタミンとして知られるビタミンEは、
血流を良くし、肌の衰えを防いだり、シミをできにくく
したりする働きがあります。

 

また、ビタミンEにも強い酸化を防ぐ作用があるので、
にきび肌には重要なビタミンです。

 

ビタミンEを多く含む食品は、うなぎ、かつお、たらこ、
胚芽米、ほうれん草、アボカド、ブロッコリーなどです。

 

肌のはりを保つコラーゲンの生成にも欠かせないビタミンC
メラニン色素が作られるのを抑える、免疫力をアップするなど
さまざまな働きをします。

 

また、ビタミンCにはビタミンEの働きを高める作用が
あるので、合わせて摂れば、より効果的です。

 

ビタミンCはアセロラ、いちご、キウィ、ブロッコリー、
ピーマン、かぼちゃ、トマトなどに多く含まれています。

 

皮脂の分泌をコントロールしているビタミンB6
皮膚や粘膜の健康を保つビタミンB2も大切なビタミンです。
青魚、レバー、納豆、卵、牛乳など積極的に摂るように
しましょう。

 

ビタミン以外にも、鉄、亜鉛などのミネラル
イライラを抑える働きのあるカルシウムなども
大切な栄養素です。

 

バランスよく、おいしく、楽しく食べて、ストレス解消に
役立てながら、にきび肌を改善しましょう。



 

 

簡単3ステップケアで、ニキビを元から治す!

満足度84%を獲得! 数多くのコスメ大賞を受賞したニキビケアの決定版!
これ1つで『あらう』『うるおす』『つつみこむ』まで。
今年人気急上昇中のトライアルキット。

  • @cosmeクチコミランキング第1位(2014年上半期)
  • All about 通販ベストコスメ 洗顔料大賞
  • All about 通販ベストコスメ 乳液第2位
  • MAQUIA オンライン会員部門賞 化粧水部門第2位

ルナメアAC